『豊かな生を求めて 』―子どもたちはなぜ登校拒否をするのか-

()

※Amazon、楽天ブックス、hontoからもお買い求めいただけます。

いったい、こころ病める子どもたちの生命のアンテナは、何をとらえているのであろうか。ひょっとすれば、この子どもたちは、自分ともう一人の自分の関係を崩しているのではないだろうか。では、どうすれば、崩れた「自分関係」を再構築できるのであろうか。晩秋が過ぎ、木枯らしが吹く頃に、私は一つのしっかりした結論を得ました。“仮説”の域を出ないことは当然のことです。しかし、私なりに、現時点では最良の結論だと思っています。
(「著者からのメッセージ」より)

プロフィル

大越俊夫(おおごし・としお)

ダルボイ・アカデミー塾長、パピリオイングリッシュ・アカデミー学院長。1943年、広島県尾道市生まれ。関西学院大学大学院博士課程修了。ブリティッシュ・コロンビア大学留学を経て、1975年、神戸御影に不登校・高校中退生のための「師友塾」を創設。同時に季刊誌「パーセー」を主宰。2015年からは、教え子たちが意志を受け継いだ「Dull Boi Academy ダルボイ・アカデミー」の塾長として、47年間に亘り7000人を超える若者と向き合う。1980年、カリフォルニア・ルーテル大学英文科准教授。81~84年、同大学学長補佐。大学の協力を得てレジデンシャルプログラム(留学部門)を創設し、日本からの留学生の育成にも力を注ぐ。その経験を踏まえ、2015年、東京にパピリオイングリッシュ・アカデミー(PEA)を開校し学院長を務める。2021年、神戸に英語個別指導専門校「GATE 1on1」を開校。2022年、「BB SHEEP COFFEE」を神戸御影にオープンし、ダルボイ・アカデミー卒業生の雇用を促進する。主な著書に『子どもが学校に行かなくなったら赤飯をたきなさい!』『6000人を一瞬で変えたひと言・・』(以上、サンマーク出版)、『悲しむ力』『子どもの脳幹が危ない!』(以上、幻冬舎)ほか多数。

在庫状態 : 在庫有り
¥0(税込)
只今お取扱い出来ません